ギャラリー/作品紹介/商業施設ほか
ギャラリー/作品紹介

知性や感性が息づく、理想的社会環境を追求する 株式会社デック建築研究所
作品の一部をご紹介します。
作品01
埋没林メモリアルパーク整備工事
魚津埋没林博物館は埋没林・蜃気楼をテーマに設計しました。
全体計画は、事務所を兼ねた受付・入出場ゲートより県道にトンネルを設置し、これにより水中展示館・乾燥展示館・ドーム館へアプローチする動線となっています。
テーマ館は、太古の杉と雪吊りをイメージしたデザインとなっており、館内には蜃気楼発生メカニズムや映像鑑賞、展望室等が設置されています。
水中展示館・乾燥展示館は、魚津市伝統のたてもん祭りをイメージした外観となっています。水中展示館は地下に水槽を設置し、中に樹根を展示、地下通路からガラス越しに鑑賞することができます。乾燥展示館は、乾燥した樹根が展示台の上に設置してあり、触ることもできます。
ドーム館は、円形の壁面とドームの屋根をプレストレスコンクリートで設計しました。樹根3点と樹幹1点を出現した場所で、殆ど掘削された状態で鑑賞できるのが特徴です。

作品02
魚津市立道下小学校増改築工事設計監理業務
全体計画は既存校門から続く主要導線のプロムナードを中心に新設校舎・既存体育館・グラウンドが配置されたシンプルな構成とし、いつも地域から見守られている安心感のある学校となるように計画しました。
校舎計画は限られた建設スペースに各室がコンパクトにレイアウトできる中廊下形式としたシンプルな構成としコストダウンも図れる計画としました。